プロに任せる美肌ケアの方法*美容皮膚科の保険適用

そもそも美容皮膚科と皮膚科の違いを紹介しましょう。

美容皮膚科も皮膚科も共に医療機関で、医師が診断し治療を行うまでは一緒です。
違いは、皮膚科は主に保険にて治せる疾患治療を行う場所であること。
そして美容皮膚科は、疾患治療ではなく美容要素を含んだ目的を持つ治療を行う場所であることです。

すなわち、しみ治療やしわ改善などの美肌を求めたり、コンプレックスの解消に
最新の医療器械や薬などで治療するのが美容皮膚科です。

ですので、コストのほとんどが保険適用外の自費負担となります。

しかし、アザやニキビ疾患などの一部は保険適用される場合もあります。
これはほんの一部の治療であり、処置方法や治療薬に限りがあるので
美肌を求めるのであれば保険適用外の治療の方がより高い効果を得られます。

女性たちが美容皮膚科に求める治療の中身は、しみ治療やしわ対策が多く
レーザーや光治療などの最新機器の発達もあり、気軽に出来るようになりました。

今ではアフターケア対策などに重点を置いている医療機関もあり
自分の求める肌がどういうものなのかをきちんと考え、
ご自分にあった医療機関を探しましょう。

自分の肌タイプを知ることは、治療のほかにもメイク方法や
スキンケアを考えるうえでとても助かります。

しみ、しわ、乾燥、テカり、べたつき…人によって抱えている肌トラブルはさまざま。
誰かに合った方法が、ご自身にあうかどうかはわかりません。


ご自身の肌のタイプを把握するため、まずは専門的な機関でカウンセリングなどを
受けるのがおすすめです。多くの人の肌を見ているプロに依頼することで、
自分の思い込みにより間違ったケアをせずに済みます。


長く付き合える機関を持つことで、いつでも相談できる窓口があるのは心強いものです。

 

医者で健康保険が使えない場合があるってホント?健康保険がカバーする範囲

もともと健康保険は、疾病や負傷に対して給付を行うことで国民生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とすると法律で定められています。
つまり簡単に言えば、病気やケガの治療に必要な処置費用や薬代などしかカバーしないということになります。

これに対して、お肌のしみやしわ、たるみなどは確かにトラブルではありますが、病気やケガであるとは言えません。
そのため、こうしたトラブルを解消するための治療をたとえ健康保険を取り扱っている医療機関で受けたとしても、その費用は保険では賄われず、全額自己負担となります。

まぶたを二重にしたり、鼻を高くしたりといった外科手術も同様です。
こうした区分は、治療の内容ではなく目的によって判断されます。たとえば火傷を修復するための整形手術は、技術的にはしみやしわを取り除く場合とほとんど変わらないことがあります。

しかし火傷はあくまでもケガであり、またその外貌を修復しないと社会生活にいちじるしく不利となるおそれも生じます。
こうした場合は、健康保険が適用されるのです。
ちなみにインフルエンザなどの予防注射も、治療ではなく予防なので健康保険の適用はありません。
ただし感染の危険が迫っている状態での特定の感染症対策として行う予防注射は、給付の対象となります。