小牧市を拠点に小学生を中心としたサッカーチーム『小牧サッカースポーツクラブエルフ』
トップページへ 団体概要 スクール活動 エルフロゴ チーム概要ページへ 父母育成会ページへ お問合せページへ

小牧エルフ Father&Mather

保護者の声・父母育成会について

サッカースポーツクラブエルフ父母育成会とは

保護者の声

Sさん5年(兄)2年(弟)

エルフは、味岡学区や本庄学区が中心ですが、実は、市内全学区の子供さんや、他市の子供さんも入部できるので、 サッカーを通じて友達の幅が広がりました!
若手コーチからシニアコーチまでいらっしゃるので、幅の広い練習内容が体験できます!

Mさん1年女子

女子サッカーは、エルフとして始まってまだ1年弱ですが、みんな、かなり楽しんでやっています。 まだ少人数ですが、女子部専属コーチが丁寧に指導してくれるので上達も早いように思います。 娘は色んな習い事をしていますが、サッカーが1番楽しいと言っています。 女子サッカーのイメージは男の子みたいになりそうとか敬遠されがちですが(私もそうでした)・・ でもみんな可愛い女の子ばっかりで、めちゃくちゃ楽しんでやっています。是非、見にきて体験して欲しいです。 真っ赤なユニフォームを着てお待ちしています。

Sさん6年

子供同士仲良し!入団した頃は楽しくやりたいという事ばかりでしたが、コーチも熱心なので、 もっともっと上手くなりたいという気持ちが強くなってきたと思います。協調性、忍耐力もつき、 どんな事にも積極的になったと思います。エルフだから続けられていると感じています。

Hさん6年

サッカーの技術だけでなく、挨拶、道具を大切にする、仲間を思いやるなど、 小学校で身につけて欲しいことを学ぶことが出来ています!一生懸命にプレーする子供たちをみて、 親もつい力が入ります!大変な面もありますが、親たちも一致団結、子どもと一緒に楽しめるチームです。

Nさん5年

息子が四年生の時に小学校の部活でサッカーに始めて出会い「もっとサッカーをしたい」と言われ、 チームを探し、ご縁を頂きエルフに入団しました。すでに小さい頃から入っている子たちとの力の差に本人も 悩んだりしているようですが、楽しく続けています。 入ったばかりの時に、いきなり試合(練習試合)に出してもらえたことにも驚きましたが、とにかく試合が多く、 合宿などもあり、入団以来のわずか半年で心身ともに成長しているのが親としてよく分かります。
親子共々他のチームを知らないので、比較はできませんが、サッカーという一面に限らず、 安心して子供を預けられるチームだと思っています。うちは職業柄もあり、土日の試合などにもあまり協力できず、いつも同じ学年の保護者の方にお世話になるばかりですが、助けられながら続けさせてもらっています。

Yさん6年

サッカーの技術向上はもちろんですが、挨拶やコーチへの受け応え、チームメイトへの声かけなど、 学校では中々学べない事を経験の中で少しずつ身に付けさせてもらっている様に思います。子供時代の貴重な時間を携帯やゲームなどで潰すことなく、毎週末当たり前のように行く場所があり、指導して下さるコーチ始め、何年間も 一緒に過ごしていくチームメイトとの絆は、今後の子供の成長に大きな影響を与えると思います。
また、高学年になると試合数も増え、遠征・合宿などもあります。親が全てサポートするのではなく、自分の事が自分で 出来るよう、親も試行錯誤しながら子供の自立への機会を作れる場だとも思っています。経験のない事は何でも、「大変そう」…と思うかもしれませんが、一長一短に身につくものでも、すぐに結果が出るものでもなく、時間をかけて子供と共に成長し、必ずやってきてよかったと思えるチームです。

Kさん3年

私は、現在3年生の、息子をもつ母親です。エルフのサッカーに出会ったのは幼稚園の年少の時でした。 はじめは友達と楽しく運動が出来たらいいなと思い入団させました。
最初はサッカーとはほど遠く、砂いじりをしたり、 ゴールとは、逆の方向へ走っていったりと色々とヒヤヒヤなことも沢山ありました。でも、今では、皆と試合にいき、 チームの練習に参加をし、イキイキと走りまわっています。そんな息子の姿を見ると、今は息子の成長と、そして、 一緒に練習をしているエルフの仲間に感謝しています。 コーチには、時には厳しく、時には優しく指導をして頂き、親ではわからない息子の一面を引き出してくれます。 エルフの仲間やコーチ達に出会えたことは、息子にとっても、私達親にとっても良い刺激となり、 親子で成長ができる場になっていると思います。色々とサッカーを通して学ばせて頂いてます。

Nさん卒団生

息子は、今年卒団し、某クラブチームへ進みます。エルフには6年間お世話になりました。 小学時代に培った沢山の引出を、中学年代で活かしてもらえればと期待しているところです。
私が思うに、入団当初、エルフは地域に密着したスポーツ少年団的なチームだから、楽しくやれればと思っていました。 しかし、高学年になると地域のスポーツ振興会や体育協会のイベントなどのお手伝いなど保護者としての役割も多く、 中には面倒だとおもわれる保護者も見えるはずですが、私的には、保護者として、子供の成長に関わるのは当然で、 地域の方々との交流も深まり、地元愛、そしてエルフ愛が強まったと感じてます。サッカーをするのは、子供ですが、保護者の役割を通じて、他の保護者との交流も増え、他の子供、他学年の子供の成長にも喜びを感じられるようになりました。
エルフのコーチは、指導歴30年の代表、20年の監督などのベテラン陣をはじめ、エルフを巣立って、強豪クラブや強豪高校でプレーしたOB達が沢山関わってくれています。ですから、小さな街クラブではありますが、強豪クラブチームにけして劣らない、 勝ちを意識した試合も多く、喜びも落胆もありますが、充実感いっぱいの6年でした。エルフでの経験は、サッカーだけでなく、 色んな面で必ず活きてくると思います。鬼のように怖い代表ですが、必ず細かなフォローを頂けて、特にサッカーにとって、 最も大切な事は何かを学んだ気がします。技能だけではないって事を痛感しました・・・
子供の生活全般、家庭での躾が、子供のプレーに顕著にでてくる様には驚愕しました。 でも、コーチ達と一緒に悩み、励まし合った事や、コーチや先輩保護者の経験に基づいた的確なアドバイスをしてくださるので、 子供のみならず私自身、かなり成長できたと感謝しています。

Hさん4年

エルフのひとつの特色だと思いますが、自分たちの学年だけではなく、他学年、上級生、下級生との 関わりが持てて、子供の成長にはプラスになっています。練習だけではなく、クリスマス会や親子サッカーなど、上級生は下級生の面倒を見るのが自然で、とても良い雰囲気です。 試合数が多くて上手下手に関係なく試合に出れて、もっと上手になりたいという気持ちが持てるようにもなりました。 週末は、ほぼサッカーですが、ダラダラせず規則正しく過ごす事ができ、オンオフ、メリハリを付けることもできるように なったと思います。

Wさん2年生

子供の頑張りを身近で感じることが出来る。小学校に入ると子供だけで行動する事が多いので、 なかなか親同士のつながりが出来ないですが、エルフの活動で、ママ友パパ友まで出来る。 サッカーをする中で負けん気か強くなり、周りへの気配り、とっさの判断力、気持ちの切り替えが身に付いたように思う。 大会に向けてコツコツと準備する力はこれから成長する中で学習面でも役立つと思う。

Mさん2年生

自分もサッカー大好き人間、息子の成長をみる事が出来、一緒に楽しませてもらっています。 エルフの若手コーチは子供目線での工夫を凝らした指導をしてくれるので満足していますが、オヤジ目線でいえば、 もう少しビシビシメリハリをつけた指導が欲しいとは思う。

トップページへ ボールイメージ フェイスブックページへ お問合せマールへ
団体概要 チームロゴ 父母育成会
スクール活動 チーム活動 ボールイメージ メンバールーム